妊娠中

MENU

妊娠中や授乳中はなぜ飲めないの?

妊娠中

 

妊娠中や授乳中は、ピンキープラスは飲んではいけません。

 

胎児や母乳を飲む赤ちゃんに何か影響があるわけではありません。

 

何故、妊娠中や授乳中にピンキープラスを飲んではいけないのかというと、実は女性ホルモンに影響を与えるサプリメントを妊娠中や授乳中に飲むと、女性ホルモンのバランスが狂ってしまう可能性があるからなのです。

 

女性ホルモン

 

妊娠中や授乳中は、ホルモンバランスが通常の状態とは大きく変わってしまいます。

 

妊娠中は、プロゲステロンという女性ホルモンが妊娠を維持するために、妊娠初期は分泌が継続されています。

 

エストロゲン活性

 

この時期にピンキープラスを飲んで、エストロゲン活性をすると妊娠を維持する力がなくなってしまいます。

 

催奇形があるわけではないが、流産の危険性があるということがわかります。

 

妊娠後期に差し掛かると母乳を作るために乳腺の発達をするために、エストロゲン分泌が活性化していきます。

 

また、早産や流産を予防するためにプロゲステロンの分泌はさらに活性化します。

 

この時期にエストロゲン活性をするピンキープラスを飲むと、ホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。

 

また、産後は母乳を作るためにプロラクチン、オキシトシンなどのホルモンも分泌されていきます。

 

不安定

 

産後の女性は一気にエストロゲンとプロゲステロンの分泌が落ち着いていきますが、急激に女性ホルモンの分泌が変わっていき、体調を崩す方も多いのです。

 

産後すぐにピンキープラスを飲むと、ホルモンバランスの崩れは加速していきますので、ピンキープラスを飲んではいけないのです。

 

ピンキープラスに限らず、すべてのバストアップサプリにいえることです。

 

産後にバストの崩れが気になって、ピンキープラスを飲んでみたいと思っても、母乳をあげている間は控えてください。

 

ピンキープラスは、卒乳して完全に母乳が止まってからあげるようにしましょう。

 

卒乳してから

 

完全に母乳が止まり、一度生理がきてから。

 

これが、産後バストアップのためにピンキープラスを飲む最適な飲み始めるタイミングとなるのです。

 

サイズ維持に役立つバストアップのツボをご紹介!

 

ピンキープラス公式通販サイトはこちら!