効かない

MENU

ピンキープラスが効かない人5つの特徴

効かない

 

ピンキープラスを飲んでも中には効かない人がいます。

 

どういう方がピンキープラスを飲んでも効かないのかを調べてみました。

 

1粒しか飲んでいない

 

1粒

 

以前ピンキープラスの飲み方は1日1〜2粒を目安に飲むことと記載されていました。

 

古い情報を元に1粒でも効果があると思って飲んでいる方がいます。

 

しかし、現在はピンキープラスの正式な飲み方は1日2粒目安となっています。

 

ということは、1袋30粒入りなので1か月に2袋必要になってきます。

 

1袋2,980円で安いイメージがあるピンキープラスは実は1か月では5,960円になることは覚えておきましょう。

 

多く飲み過ぎても副作用の心配がありますが、けちって少なく飲んでも効かないのです。

 

飲み忘れが多い

 

飲み忘れ

 

実はピンキープラスが効かない人の中には、飲み忘れが多い人もいます。

 

毎日飲み続けることで成分が行き渡るのですから、毎日飲み続けなければいけません。

 

したがって飲み忘れの回数が多ければ多いほど、ピンキープラスが効かない状態になってしまいます。

 

太るのが怖くてダイエットも一緒にしている

 

ダイエット

 

バストアップとダイエットは一般的に両立しないといわれています。

 

したがって、バストアップしたい時はダイエットをすべきではありません。

 

バストアップサプリを飲むと太りやすくなる傾向にありますが、バストアップのためには少し脂肪をつけなければいけないので、ダイエットはやめてしまいましょう。

 

喫煙習慣がある

 

タバコ

 

喫煙は健康に悪いことはわかりますが、実はバストアップのためにもタバコはダメなのです。

 

タバコを吸うと血管が収縮してしまいます。

 

血液の流れが悪くなってしまうので、バストに必要な栄養がいきわたりません。

 

カフェインを摂取している

 

カフェイン

 

カフェインは脂肪を溶かす性質がありますので、バストアップしたい時はカフェインを摂取してはいけません。

 

ピンキープラスをいくら飲んでも効かないのです。

 

いかがでしょうか。

 

知らず知らずの間にバストアップに悪いことをして、ピンキープラスが効かない状態になっていないかを確認してみてください。

 

中学生や高校生は飲んでもいい?

 

 

ピンキープラス公式通販サイトはこちら!