中学生

MENU

中学生や高校生は飲んでもいいの?

中学生

 

ピンキープラスは中学生や高校生は飲んではいけません。

 

一般的にバストアップサプリの服用年齢は20歳を過ぎた女性を対象としています。

 

中学生、高校生の女の子は第二次性徴の真っ最中にあるので、生活習慣、食生活の改善でバストが大きく成長していく可能性がまだまだあるからです。

 

中学生や高校生の第二次性徴にあたる時期は、エストロゲン分泌が一番活性化しています。

 

したがって、ピンキープラスのようにエストロゲン分泌を活性化させるサプリメントを飲むと、逆にホルモンのバランスが崩れてしまう可能性が高いのです。

 

中学生や高校生くらいでバストがあまり大きくならないと思ったら、まずは食生活や生活習慣を見直してみましょう。

 

ダイエットはしていませんか?

ダイエット

 

ダイエットをすると女性ホルモンの分泌が悪くなります。

 

思春期にあたるこの時期は、異性の目を気にし始めダイエットに励む女の子が大勢います。

 

結果、低体重になってしまい、バストが育たなくなってしまいます。

 

将来的に貧乳で悩む程度であればさほど問題はありませんが、中には痩せすぎて生理が止まってしまう子もたくさんいます。

 

排卵もストップしてしまうと、そのまま何もせずにいると、ずっと生理がこないままなんてこともあります。

 

最近の中学生や高校生はとてもスリムな子が多いのですが、BMI19以下になるといつも体調が悪くだるいなんて状態になってしまう場合もあります。

 

睡眠不足ではありませんか?

睡眠

 

友達と夜遅くまでLINEをしていたり、スマホのモニターを眺めていると、脳が活性化してしまい熟睡できなくなります。

 

また、寝付きも悪くなってしまい、良質な睡眠を得られません。

 

しっかりと熟睡をしなければ、バストの成長を助ける成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。

 

身長も伸び悩み、バストも小さいままになってしまいます。

 

友達との交流、受験勉強などで忙しいかもしれませんが、睡眠時間はしっかりと8時間は確保していきましょう。

 

中学生や高校生女子はピンキープラスに頼らなくてもバストアップの可能性はあるのです。

 

妊娠中や授乳中には飲んではいけない理由!

 

ピンキープラス公式通販サイトはこちら!